厳選ハイクライの宿 口コミ情報・九州
厳選ハイクラスの宿 −高級ホテル・高級旅館情報が満載−

【口コミ情報】
北海道
東北
関東(2007-2009)
関東(2011-2013) 
信越
東海
北陸
関西(2007-2010)
関西(2011-2013) 
中国
四国
九州














九州のハイクラス宿の口コミ情報
[2007.8.27:ごんた2]*
あの人気の高い黒川温泉にやっと行ってきました。由布院温泉とちがう風情ある温泉街で、特にこじんまりした露天風呂がよかったです。しかし今回もっといいと思ったのは、同じ熊本の人吉温泉です。 清流山水花あゆの里の部屋からは雄大な球磨川や人吉城跡が眺められ、飽きない景色でした。夕食も馬刺しなど大変工夫されて、満足そのものです。

清流山水花 あゆの里



和風空間を遊び和の心を楽しむ木の温もりに包まれた「和遊和楽の宿」。球磨川を眺めながら露天風呂をゆっくりのんびり温泉を楽しむ。食事は地元食材を主に調理長おすすめ会席を堪能できる。

[2007.11.26:ハシゾー]*
雲仙温泉の宮崎旅館がお勧め。サービスが素晴らしい。帰りも部屋まで迎えに着てくれるし、車は洗車しておいてくれるし、料理は説明があり、嫌いなものがあればその場で違うものがでてくるし、そして何よりおいしい。

雲仙宮崎旅館



創業80年、当時から変わらぬ「おもてなし」、創業当時の味を守り、生え抜きの料理人が「量より質を重視」した会席料理。またココでしか味わえない地元のおいしい焼酎も料理とよく合い大好評です。

[2008.5.12:ロッキー]*
10年も前の印象が今も鮮やかに脳裏に浮かぶほど印象に残っている宿は、指宿温泉の白水館です。波の音と松風の音聴きながら月を眺めて砂蒸し風呂につかった時のこと。もう一度訪れて元禄風呂にものんびり浸かりたいと思っています。

指宿白水館



指宿白水館は、錦江湾に臨む広大な庭園の中にある。日本のお風呂の歴史を再現した元禄風呂や指宿特有の砂むし温泉、館内ギャラリーなどがあり、日本伝統の和を基調としたお部屋とお料理が楽しめる。

[2008.12.24:村上]*
大分県黒川温泉のやまびこ旅館がおすすめ。最近行って来た所ですが 前日の由布院温泉の評判とはまったく違ったひどさに腹立たしく思っていたのが、次の日の黒川温泉ではやはり評判にたがわず温泉街の雰囲気と言い、旅館のサービス、露天風呂のすばらしさと無料の貸切風呂が5つそれぞれの種類が異なる(岩風呂・風呂・サウナ風呂等)雰囲気の個室とは思えないくらいの広さがあり、1日ではとてももったいない気分がしました。垢ぬけた素朴さとひなびかたに近年にない素晴らしさを感じました。交通が少々不便ですが、この金額で本当に大満足の旅行になりました。

やまびこ旅館



エントランスを入るとふんわり香るお香が心地よい。ここの自慢は、黒川随一の広さを誇る『仙人の湯』それに9つの多彩な風呂。食事は朝夕共に個室にてゆっくり頂け、蔵を移築した温もり溢れるカフェで一息

[2009.1.19:flash-9080]*
大丸別荘(福岡県)がおすすめ。福岡の都心ちかくにありながら、静かな環境でゆったりと入浴でき、いつまでも温かく保温性がよい。

大丸別荘



万葉集にも歌われた1360年よりの歴史を持つ温泉宿。古くから博多の奥座敷として栄え、都心より電車でわずか13分、空港より車で25分。また自然環境も良く周りは登山にも最適な山々に囲まれています。

[2009.2.17:Guppy]*
もう二十年程前になりますが、新婚旅行で訪れた、由布院温泉の「山のホテル夢想園」は素敵なところでした。まず、その旅館の佇まいが素晴らしい!高台にあるので、そこから見える景色が、桃源郷の様でした.いつまでも、ぼうっーと見とれていたものでした。そして、由布院一とも言われている、広さと景観の良さ(由布岳の美しかったこと!)を誇る露天風呂。それから宿の一番の楽しみと言えば食事ですね。私たちはあんなにボリュームがあるとは知らずに、遅い中食をとったものだから、次から次に出てくるご馳走を、泣く泣く残したことが、今も悔やまれてなりません。(笑)あれから、由布院といえば、こちらにお世話になっています。少しずつ増改装はしていますが、ポリシーはずっと伝えられていると思うのです。こんな事をかいていたら、明日にでも、旅行カバンに荷物を詰めて出かけたくなってしまいましたよ。(笑)

山のホテル 夢想園



由布院盆地の中心から少し離れた高台に位置し、男女それぞれの大露天風呂からは、由布岳、由布院盆地を眺望できる。夕食は、地採れの野菜や近海の魚、和牛を用いた季節感のある和会席料理。

[2009.6.8:ゆうこ]*
嬉野温泉のハミルトン宇礼志野がおすすめ。大正ロマン風の建築様式に落ち着きを感じ、従業員の方の対応も気配りを感じ、ゆったりと時を感じる宿です。貸切風呂も落ち着いてゆったりします。食事も温泉地特有のものではなく、イタリアンというのもまた格別です。客室もロビー、ダイニングとも、とにかく時がゆったり流れている宿です。

ハミルトン宇礼志野



いよいよ夏休みシーズン到来!この夏は、トロットロ美肌湯とイタリアン!この夏限定のお得なプランにも注目。

[2009.6.10:琵琶湖の月桂樹]*
長崎県のハウステンボスに有るジェイアール全日空ホテル内の温泉「琴乃湯」は、ハウステンボス唯一の天然温泉。鉄分とマンガンを豊富に含んだ黄金色の温泉で湯量が豊富、100%源泉掛け流しです。ヨーロッピアン風の大浴場と純和風の露天風呂は、毎日男女の浴場の入れ替えが行われていて楽しめます。終日ハウステンボスのイベントや建物・アートな花々を観賞した後は、ご馳走に舌鼓を打って、ノンビリと温泉に浸かれば大満足。日頃の疲れも吹き飛ばし、心身ともに癒されること間違いないと思います。ハウステンボスでは、夜は打ち上げ花火も楽しめて、最高に素晴らしいお奨めのスポットです。

ハウステンボス
ジェイアール全日空ホテル



ハウステンボスを一望できる客室と、かけ流しの温泉が人気!ハウステンボス入園口まで徒歩1分、ホテル専用クルーザーでの入園も好評!JRハウステンボス駅からも徒歩3分の抜群のロケーションのホテル♪

[2009.6.16:プログレ]*
「日の出、入り日」を売り物にした宿は全国各地に有ります。「日の出」は早朝待ち構えていてもあっと云う間に済んでしまいますが、「入り日」は結構時間があります。この種の宿は勿論海岸べりに位置して、部屋は意識的に窓を大きく取り、前方もただ海原だけでなく点景物もあれば尚更効果的です。旅行好きの私は全国各地で「入り日」を何度も見ましたが、いつも感動します。その中で一番心に残った宿を紹介しますと、意外やそれは九州、天草諸島の前島にある「松島温泉・ホテル竜宮」でした。九州ドライブ旅行計画の時、「指宿」から「長崎」へ向かう中間宿泊地を探していたら時間的に天草あたりが適当になりました。この宿はそのとき何気なく選んだ宿でした。失礼ながら名前が「ホテル竜宮」ではあまり期待はしていなかったのですが、到着して部屋に通され驚きました。海側壁一面総ガラスで海の景色は見事ですが、その西日の暑いこと、仲居さんによれば ”もう少ししんぼうして頂くとこの暑さも吹き飛びます”なるほど夕食時窓の外は潮が徐々に満ちて先ほどまで砂浜にあった小舟群が小波に揺れ始める頃、落日が始まりました。前景に平坦な小島があり夕陽はそこに落ち込むのですが、だんだん茜色に染まっていく周囲と、黄色の太陽が赤になり次に緑色になる、そして小島にそっと隠れていく。これはこれまでに見た「入り日」の最高傑作でした。今でもこの時の「入り日」に勝る「落日」に出会ったことは有りません。

海のやすらぎ ホテル竜宮



天草の海に囲まれ、自然を満喫するホテル。貸切露天風呂や岩盤浴など海辺の温泉を堪能した後は、天草の新鮮な海の幸で大満足。海を望む露天風呂付き客室が人気です。天使の梯子オープン

[2009.9.14:flash-9080]*
久住町のレゾネイトホテルがおすすめ。高原にゆったりとした平屋造りのホテルです表の歩道は芝生でつくられており、朝の散歩は、足に心地よくあたりは360度のパノラマです。久住山から阿蘇五岳まで、まわりはススキの平原です。

レゾネイトクラブくじゅう



大自然に佇むリゾートホテル。木の温もりに包まれた館内は癒しと寛ぎを約束してくれる。ススキが伸び、風は涼しさを帯び、乾いた土の匂いを運ぶ季節。自然が発する音、光、匂い、味、温度を五感で感じて。

[2011.1.23]*
原鶴温泉・六峰舘をオススメします。宿から阿蘇、久住、英彦山等の六峰が見えることから名付けられたと言う宿です。温泉は、時間により男女入れ替わりますがが、内湯としては日帰り温泉のようなジャグジー等があるところと、昔ながら(たぶん宿ができてから使われ続けている?)のところ、また、屋上には露天風呂があり、隣接する筑後川をゆったりと眺めることができます。

源泉掛け流しで、4階には部屋に露天風呂付きの特別室もあります。料理は細かい細工はないものの、地産地消の味、魚を中心としたもの、肉を中心としたものの3種類から選べ、とても美味しいです。福岡市から高速を使うと車で1時間半という丁度いい距離にあり、下道を走って景色を楽しむのもいいです。(まさかず)

六峰舘


博多より車で50分とアクセス便利。耳納連山を背景に、筑後川を見渡せる四階の和風露天は好評。全てのお部屋からのどかな川の流れと田園風景の眺めが広がる。おススメは専用の露天風呂付客室が人気。
[2012.1.3]*
別府鉄輪温泉・山荘神和苑(大分県)は掛け流しの青い湯が楽しめるハイクラスの宿です。湯の色は入れ替え時期により異なるようですが、私の宿泊時は大露天風呂はほぼ透明、貸し切り露天がほのかな青色、部屋の内風呂がかすかな青でした。いずれもで湯量豊富で新鮮なものでした。夕食は鉄板焼き中心でメーンの豊後牛はとろける柔らかさ、朝食も適量で豪華でした。加えて夜食のおにぎりやチェックアウト時の温泉卵・焼き芋のサービスも嬉しく、お得な気分です。従業員の方々は若いながらも丁寧で、一生懸命な印象で好感を持ちました。立地も別府・地獄巡りの中心にあり観光にも便利です。条件次第ではリーズナブルに泊まることも可能で、また宿泊したくなるお宿でした。(ぶひお)

神秘の温泉「青の湯」と
回遊庭園の宿 山荘神和苑



当苑の温泉は日ごとに色が変わる神秘の青湯で、お庭に、早咲きの樹木等、石造文化財を配した京風の庭園です。

[2012.8.8]*
沖縄県は宮古島にある、シギラ黄金温泉に行ってきました。沖縄県は、日本で一番温泉が少ない県だということですが、宮古島には二ヶ所温泉があります。その一つが、数年前にできたばかりの「シギラ黄金温泉」です。料金は2000円と少しお高めですが、水着ゾーンありタオルレンタルつき女子に嬉しいアメニティの充実具合や施設の高級感を考えれば妥当なところ。その名の通り黄金色の綺麗な温泉。塩化物ナトリウム泉ということですが、臭いはモール泉。高級感ただようジャングルみたいな露天風呂はなかなか素敵。展望露天風呂からは(立ち上がれば)海一望!水着ゾーンもかなり広く、カップルでも楽しめそう。宮古島まで行って温泉に行く人は少ないかもしれませんが、温泉好きな人には南国リゾートと温泉が一度に楽しめて、かなりお得だと思います!(よちこ)

南西楽園シギラベイサイド
スイート アラマンダ


日常のあらゆることからゲストを解き放ち、心からの寛ぎと歓びを約束するプレミア・プライベートリゾート。あらるゆ贅を知り尽くしたゲストもまだ知らない、至福の贅がここにあります。
[2012.11.27]
熊本県阿蘇にある黒川温泉を推選します!私自身、九州出身でたくさんの温泉地に行きましたが、温泉の泉質もとてもよくお肌がすべすべになります。私は黒川ではいつも山みず木さんにお世話になりますが、広い露天風呂に半露天の温泉が2つ。半露天の方では小さいですが滝もみれます。また露天風呂と半露天風呂までが少し離れており、裸の散歩道(だったと思います)なるものを歩きます。名前のとおり裸で歩いていくので、なかなかできない体験です。真冬はちょっと寒いと思いますが。(笑)また温泉からあがった後は、温泉街がとても楽しいところです。雑貨やさんやケーキやさん、蜂蜜やさんに喫茶店、神社などが広範囲にあります。坂道をくねくね、あっちに行ったりこっちに行ったりしながら楽しめると思います♪また中心には大きな川も流れており、風情があります。泊まりで行かれる方は入湯手形で温泉めぐりもたのしめると思います。宿も品があるところばかりですので、のんびり楽しみたい方には是非行って欲しいところです^^(ハルママ)

山あいの宿 山みず木



自然に包まれた奥黒川に佇む山あいの宿「山みず木」山と水と木の良さを体感し、山の自然を存分に楽しんでいただきたく…ご夕食は山の幸に拘り、温泉は自然と一体感のある露天風呂にゆったり浸ってください。

[2013.6.22]
黒川温泉の宿の山みず木がお勧めです。立寄り湯でよく利用しますが、湯の質も大変よく、ここのお湯に浸かるととてもリフレッシュできます。黒川温泉自体の雰囲気も大変よく、温泉手形を利用して立寄り湯のはしごをするのもお勧めしたいです。泊まったことはまだないのですが、いつか記念日などに思い切って泊まってみたいです。(キララ)

山あいの宿 山みず木



自然に包まれた奥黒川に佇む山あいの宿「山みず木」山と水と木の良さを体感し、山の自然を存分に楽しんでいただきたく…ご夕食は山の幸に拘り、温泉は自然と一体感のある露天風呂にゆったり浸ってください。

[2013.12.15]
喜安屋(大分県筋湯温泉)がオススメです。大分といえば由布院が有名ですが、ちょっと外れたところにいい温泉がいくつかあります。その一つが筋湯温泉。標高1000mの山奥にありますが、秘湯と呼ばれるだけに静かにゆっくりと過ごすことができます。喜安屋さんは各部屋に露天風呂がついていますが、そこでのんびりするもよし、大浴場にも内湯と露天があり、その露天から見る眺めにも癒されます。車がないとアクセスが面倒なのが欠点ですが、次行く時は連泊しようと考えています。(ロックプリンス)

山あいの宿 喜安屋



筋湯温泉街から少し離れた、静かな山あいに佇む宿。全10室の露天風呂付客室で、ゆるりと流れる時間を楽しんでいただける。また風呂棟に内湯と露天、別棟には貸切湯も2つ。非日常的“癒しの時”へ誘う湯宿

[2013.12.15]
鹿児島県妙見温泉「妙見石原荘」をお勧めします。ここは立ち寄りも可能な宿で、入浴料金は1200円とちょっとお高いですが、それだけの価値はある温泉かと思います。何よりのオススメは椋の木露天風呂。10時〜15時が男性専用、6時〜10時・15時〜24時が混浴となっています。天降川(あもりがわ)沿いの野趣あふれる絶好のロケーションで、綺麗に澄んだ川の流れを見ながら抜群の泉質の温泉に浸かる事ができ、入浴している間は素晴らしい非日常感を味わえる温泉です。泉質はナトリウム・カルシウム・マグネシウムー炭酸水素塩泉で新鮮な泡つきの湯を堪能できます。鹿児島空港の近くですので立ち寄りを強くオススメします。なお、女性はバスタオル可だそうですよ。(shelly)

妙見石原荘



杉と雑木に囲まれた渓流沿いにあり、四季折々の野の花が咲く心安まる旅館。源泉を薄めず100%そのままの大浴場・露天風呂。地元の旬の食材を活かした季節の会席料理は、お部屋で堪能できる。


お勧めサイト [温泉宿] [温泉] [源泉] [ホテル] [ハイクラス宿] [ペンション] [仕事] [英語]